2015年7月29日水曜日

べた凪です

台風のうねりもすっかりなくなり、海は正真正銘べた凪になりました。
昨日、透明度がよくなり最高のコンディション!と書きましたが、
今日のイルカたちは現時点で最も透明度の悪い場所に1日中居座っていました…(^^;
透明度が悪いと言っても15m以上は見えるので、ドルフィンスイムには支障なし。
写真は今日午後のものです。


左の胸びれに海藻を引っ掛けてカメラの前に現れた小雪
私の目の前で海藻を放したのでひとまずキャッチ。それを眺める小雪。
数秒後、海藻を小雪に返すため手から放したのですが、受け取らずに泳ぎ去りました。私にくれたのかな?

今日は動画も撮影しました。3分35秒あたりから海藻で遊ぶ小雪が映っています。

1歳になった仔イルカは遊び盛り
私にとってイルカを撮影するのに最適な時間は夕暮れです。早朝よりも、夕暮れが好きです。
オスたちは相変わらず同性愛行動に夢中でした。
海底の岩に絡んだロープが気になる若いメス2頭

2015年7月28日火曜日

最高のコンディション到来!

ここ10日間ほど悩まされ続けていたナガシ(南西風)がやっと止み、白波のない凪になりました。水温27-28度、透明度25m以上で真夏ならではの最高のコンディションです。

写真はすべて5DmarkⅢとEF16-35mmF4Lで撮影しました。

潮通しのよい島の南西側はあたたかく綺麗なブルーです

押し合いへし合い

カメラをのぞきに来たカイソウ君

浅瀬で会ったサインペン親子

母親のサインペンはすぐ去りましたが、こどもだけ戻ってきてくれて…

しばらく一緒に遊んで、大慌てで母親を追いかけて去って行きました

オスたちはしきりに音を発したり身体をぶつけ合ったりして社会行動中のようでした

2015年7月23日木曜日

α6000でイルカの水中撮影

今日は強風のためドルフィンスイム中止。久しぶりにゆっくり身体を休めました。

先日撮影したSONY α6000によるイルカの水中写真の作例をアップしました。
レンズはE16mm F2.8とフィッシュアイコンバーターVCL-ECF2です。
ハウジングやポート等については過去記事 α6000を水中へ をご覧ください。

画像はクリックすると大きくなります。
RAWで撮影後、PhotoshopLigtroomで露出の微調整のみしました。色はそのままです。
ホワイトバランスはオート。水中用のホワイトバランスもありますが、水面付近で撮影した時に赤っぽくなったのでオートにしました。水中用はある程度深度のあるダイビング向けでしょうね。

AFの精度はさすがに5DmarkⅢには及びませんが(価格差を考えたら当然ですが)、
実売5万の小型ミラーレスとしてはイルカ用としても充分使えるものだと思います。
※AFの精度に関しては、カメラ本体よりレンズの性能が大きく影響していると思います。

今回はとにかく安く小型を目指したのでE16mm F2.8とフィッシュアイコンバーターVCL-ECF2を選びましたが、
四隅までくっきり高画質が理想かつ魚眼はあんまり好みじゃないという方はE10-18mm F4 OSSを選んでいただくとよいと思います。同じハウジング、ドームポートのセットに「ML中間リング25」を1つ足すだけで使えます。
AFの性能も、E16mm F2.8よりE10-18mm F4 OSSの方がずっと良いと思います。


















2015年7月22日水曜日

今日のイルカ

今日も天気はよかったですが南西風がビュービュー。
おまけに台風12号のうねりまでばっちり届いてしまいました。
べた凪の海が見られるのはいつになるやら…

みんなそろって休息中
 ゲストのもとへ
上は出産間近と思われる雪印。下はココ。今年になってこの2頭は必ず一緒に泳ぐようになりました。
今年よく遊んでくれるふたまた背びれの子供。しゃくれてますがメスです。
個人的に好きな尾びれメインの写真

2015年7月21日火曜日

イルカ絶好調

連休中も今日も、毎日イルカたちのご機嫌絶好調です。
水温26度、透明度は日々変化していますが15-25mくらい。
今回は昨日と今日の写真をアップしました。

昨日の早朝、篠宮さんにまとわりつくイルカ
篠宮さんが息継ぎのために浮上しても、そばを離れず待っているイルカたち(笑)
昨日の午後もぐいぐいイルカたちが迫ってきました
今朝はうねりの影響で濁っていました。イルカたちは眠そうにしながらも近くを泳がせてくれました。
今朝の動画↓


そして今日もぐいぐい
カメラ目線
カメラ目線?

茶柱みたいに縦になってぷかぷか

そしてカメラ目線のまま海底まで沈んでいきました(笑)
メスだけに見られる謎の行動です。

2015年7月19日日曜日

プロフリーダイバー篠宮龍三さんと

今日〜明日は篠宮龍三さん主催のドルフィンスイムツアーのガイドをさせていただいています。
南西風が強い上に黒潮の接近で潮流が速くなっているためイルカのいるポイントは大荒れ状態。
そしてこういう日、イルカたちは最も波が高い場所から離れようとしません。。
案の定、今日は午前も午後も高い波のポイントに集まり波乗りをして遊んでいました。

でもそのかわりイルカたちは午前も午後も大変ご機嫌で、わざわざ何度も戻ってきては遊んでくれました。
荒波に耐えながら行った甲斐がありましたね〜

篠宮さん愛用のロングフィンはギリシャのalchemy社のものです

ふたまた背びれ親子と篠宮さん

今日からレンズをフィッシュアイからEF16-35mmに変えたので画角がせまい。。


こちらもふたまた背びれ親子と。今日はこの2頭が一番遊んでくれました。

海底で待つ篠宮さんに近寄って行く若いイルカたち。
追うより待つ方がずっとイルカたちと仲良くなれます。